GS-ACS

トップ > 製品情報 > GS-ACS

GS-ACS

弊社開発の自律飛行システム「GS-ACS」は、離陸から着陸まで全自動でデータを取得します。
タブレット上で高度と写真のオーバーラップ率を決定するだけで、飛行速度やシャッター間隔などを自動算出し、セッティング時間を大幅に削減することができます。また豊富な機能、自由度の高い設計により、測量のみならず、災害対応、農業、インフラ調査など高度な飛行タスクを正確に計画する事が可能です。
施設点検など一度飛行パターンが確立した撮影はコースを保存しいつでも読み出す事ができ、各人の操縦技量に関係なく再現性のある安全な調査が可能です。
GS-ACSは優れたDJIドローンの能力を最大限に発揮させる良きパートナーです。
GS-ACSのご利用に関するよくあるご質問はこちら

送信機

 

自律飛行

GS-ACSは豊富な機能、自由度の高い設計により、測量のみならず、災害対応、農業、インフラ調査など高度な飛行タスクを正確に計画する事が可能です。
施設点検など一度飛行パターンが確立した撮影はコースを保存しいつでも読み出せます。各人の操縦技量に関係なく再現性のある安全な調査が可能です。
タブレットを指でなぞる直観的な設定から、座標の直接打ち込みにも対応しておりますので、より迅速に、より正確に、データ取得の役割を果たします。

自律飛行

 

PC MAPPINGに対応

GS-ACSは、MAPCON製ソフトウェアのPC MAPPING(地理情報システムソフト)にも対応し、
地籍情報から算出した精密な飛行ルートの作成や、標高情報を加味した測量・3Dマッピング用ルートの作成等が行えます。
また、撮影から除外したいエリアを設定する事で、指定エリア上空のコースを間断する事も可能です。
地図データは、基盤地図・火山地形分類・道路地図・河川等があり、目的に応じて使い分けることが可能です。

PC MAPPING対応

 

飛行ログデータの抽出

GS-ACSではCSV(Excel)で飛行ログデータを抽出する事ができます。
これにより、飛行経路と写真データを送ることで、正確な現場状況を離れた場所から把握することが可能です。
また、飛行させてはいけない場所があった場合でも、上空を飛行していない事を証明できます。
ログデータを使用することにより、飛行記録簿などの管理も容易になります。

ログデータ出力

 

製品情報