Mavic 2 Enterprise

トップ > 製品情報 > Mavic 2 Enterprise

Mavic 2 Enterprise

折りたたみ式のコンパクトなボディに大きな拡張性を持たせたMavic 2 Enterpriseは、
Mavicを更に高度なデバイスに作り変えます。

Mavic 2 Enterprise

 

カメラ

接近しなければならない現場では、対象物に近づくとそれだけ衝突のリスクが高まります。
Mavic 2 Enterpriseなら光学2倍ズームとデジタル3倍ズームにより、
対象物から離れた状態でも精細なデータを取得することが可能です。
光学ズーム

 

バッテリー

Mavic 2 Enterpriseに搭載するインテリジェントフライトバッテリーは、
自己発熱型のバッテリーを採用し、トラブルの起こりやすい低温環境でも安全フライトを実現します。
自己発熱型バッテリー

 

3種類のアタッチメント

M2E スポットライト
輝度2400ルーメン、最大26Wの高輝度デュアルスポットライトは、
夜間作業の安全性を高め、救難救助の際には発見、誘導に力を発揮します。
スポットライトにより、場所や時間を選ばずフライトすることが可能です。
スポットライト

 

M2E スピーカー
最大出力音量100dBのスピーカーは上空から取得したデータを地上へ効率的に伝えることが出来ます。
ドローンによる上空からの指示・誘導を行い、コミュニケーションツールとして様々な用途で活躍します
スピーカー

 

M2E ビーコン
米国連邦航空局の夜間飛行基準に則ったビーコンは、最大で5kmの距離から視認可能な高輝度なビーコンライトです。
作業中にドローンの位置を周囲に知らせる注意喚起の役割は勿論のこと、
夜間作業中に機体を見失うリスクも大幅に低減させます。
※夜間飛行については、国土交通省が定める飛行ルールを遵守してください。
ビーコン

 

データセキュリティ機能

機体には24GBの内部ストレージを備え、パスワード保護機能を搭載しています。
データアクセスへのセキュリティを強化し、送信機との接続や動画・写真・フライトログなど
機密性の高い情報のリークを防ぎます。
セキュリティ機能

 

DJI AirSense

飛行周辺の有人航空機のリアルタイム位置情報を取得し、飛行空域の安全性を担保します。
AirSense

 

FlightAutonomy

8つの高解像度ビジョンセンサーと2つの赤外線センサーを搭載した先進の検知システムにより、全方向障害物検知を実現。
飛行中の安全性を大きく向上させます。
FlightAutonomy

 

Advanced Pilot Assistance Systems (APAS)

高度操縦支援システムAPASを使用すれば、障害物検知だけではなく、
自動で障害物を回避しながらの飛行が実現できます。
APAS

 

さまざまな分野での幅広い活用法

消火活動
より容易に、より高い機動性をもって消火活動を行い、
人命を守ります。
消火活動

捜索救援活動
行方不明者の位置を特定し、
緊急事態に戦略的に対処します。捜索救援活動

警察活動
取得したデータを活用して、治安を維持し、
地域コミュニティを守ります。
警察活動

携帯電話基地局の調査
より安全に、より効率的に調査を実施します。

携帯電話基地局の調査

 

 

GS-ACS

弊社製自律飛行システム「GS-ACS」への対応につきましては、現在仕様の確認中です。
仕様の確認が取れましたら、改めてお伝えいたします。

 

 

製品情報