SG-1

トップ > 製品情報 > SG-1

SG-1

自律飛行で3次元データを作成。航空写真で断面や土量情報を取得。

国土交通省が急ピッチで進めているCIM (Construction Information Modeling)では、調査・設計の段階から3Dデータを作成し、必要な属性情報を随時追加していくことで、現場に関するあらゆるフェーズにおいて、素早い合意形成、品質の向上、進捗状況の緻密なコントロール、コストの大幅な削減が可能になります。
これまでの工事の進捗管理は地上から3Dスキャナ等を用い、進捗に合わせ記録していました。広い現場を測るためには人と時間とコストが掛かってしまいます。そのような処理にUAVを用いることで、広範な土地であっても正確に短時間で業務を行うことが出来ます。
また、自律飛行プログラムを起動することで、ドローンが自動で作業を進行します。

  
 

・ベース機体にDJI MATRICE 100を使用
・小型で高性能な飛行能力
・各種IOC機能
・安全機能(フェイルセーフ)の具備
・4K動画撮影、高精度写真撮影
・超高速プロセッサーによるジンバルの安定制御
Zenmuse XT赤外線カメラZenmuse Z30高倍率ズームカメラなどアタッチメントの交換が可能
 ※Zenmuse Z30の使用には専用アダプターが必要です
・デュアルバッテリー化により20分以上の飛行時間
・開発用プログラムや取り付けパーツ、各種センサーによる機能アップグレード可能
・弊社開発の自律飛行ソフトウェアにより、自律飛行が可能
SG-1
   
    
 

取り回しに便利なオリジナルケース

堅牢なアルミケースに持ち手、鍵付きです。
横59cm・高さ58cmのコンパクトサイズで運搬や現場での準備もストレスがありません。

SG-1収納箱外観

 

SG-1収納箱内部1 SG-1収納箱内部2
  
 

自律飛行

弊社開発の自律飛行ソフトウェアにより、自律飛行が可能です。

詳しくはこちら
GS-ACS

製品情報