SG-2

トップ > 製品情報 > SG-2

SG-2

 

SG-2が持つ1番の魅力は空中スキャナーとしての高い精度です。
自律飛行を用い、現場の3次元化を行う上で何よりも重要なのは飛行の安定性と取得データの高いクオリティです。データが高精細であればあるほど後の工程に対し大きなメリットがあります。SG-2では機体システムと取得データの両方を格段に向上させるために、最新フライトプラットフォームとフルサイズカメラを組み合わせた専用設計を採用しました。
SG-2を用いることで広範囲な作業エリアをオートメーション化、短時間で正確精密なデータ取得が可能となります。国の定めるi-Construction基準に沿ったスペックにも対応し、測量用途や研究用途にベストマッチしています。

SG-2
  
 

スマートフライトセーフティ

フライトを支えるコンピューター、A3 Proフライトシステムは、搭載重量に応じて自動的にフライトパラメーターを調整し、3重のモジュール冗長制を備えています。更に磁気干渉に耐性があるため、従来機より安全性が高くなっています。
3組のGNSSユニットからのセンサーのデータを比較し、合計6つの冗長制を実現しています。A3モジュールの防振システムはマルチローターの機体を正確にコントロールできるので、正確なデータが得られ安定した飛行性能を発揮します。またD-RTK GNSSを使用すれば、さらなる飛行精度の向上を実現します。

スマートフライトセーフティ
  
 

フライトタイムと伝送距離の強化

飛行時間は最大で40分(積載無し)、モニタリングや収録用に最大3.5㎞のほぼ遅延のないHD映像の伝送を可能にします。(2.4GHZ使用)
6つのバッテリーを使用することにより、1つのバッテリーに異常が発生した場合でも安全に着陸できるようになっています。

フライトタイムと伝送距離の強化
  
 

飛行能力と強度が生み出す安定性

先進の6ローター推進力システムで、最大離陸重量15.5㎏を誇り、重いデジタル一眼レフカメラを搭載したフライトが可能となりました。
また、本体フレームとアームには軽量で丈夫な炭素繊維を使用しており、驚くべき安定性と強度があります。

飛行能力と強度が生み出す安定性
  
 

高性能カメラ専用にカスタムデザインされたジンバル

Ronin-MXは、機体と連動しており制御が容易です。
高出力のモーターとIMUを使うことで飛行中の振動や風に対して強い抵抗を持ち、安定した撮影が可能です。

Ronin-MX
  
 

自律飛行

弊社開発の自律飛行ソフトウェアにより、自律飛行が可能です。

詳しくはこちら
GS-ACS

製品情報