GS-ACS

トップ > ソフトウェア/SDK開発 > GS-ACS

GS-ACS

自律/飛行管理システム-Air Computer System-

NSi真岡開発の自律/飛行管理システム【GS-ACS】は、飛行管理・自律飛行・様々な拡張機能を搭載し、機種別にアプリケーションを変更する必要を無くした、総合アプリケーションです。

3次元モデル生成用の写真撮影時は、簡単操作で飛行速度や撮影間隔等を自動算出し、設定時間を大幅に削減することが可能です。また、捜索救難飛行のルート作成としても利用可能です。

事前の打ち合わせ等もタブレットだけで設定が完結します。地形追従機能やログ抽出機能など、様々な要望に合わせてオプション機能を準備しています。

紛失時の悪用防止の為、機体の認証システム等も組み込んでいます。

 

 

自律飛行 – 個別設置コース生成機能

『画面をタッチ』、『指でなぞる』、『座標の手入力』の

3パターンから簡単に飛行ルートの設定が行えます。

 上図は画面を指でなぞって作成した飛行ルートです。

 

上図は座標の手入力を行う画面です。テンキーと同じ配列にし、入力し易くしています。

 

 

自律飛行 – 自動:四角形・多角形コース生成機能

こちらも「個別」のコース生成と同様に、

『画面をタッチ』、『指でなぞる』、『座標の手入力』の3パターンから飛行ルートの設定が可能です。

・測量、計測用途でのフライトパターンの作成

・捜索救難時でのフライトパターンの作成

指定した範囲内を平行捜索パターンを模してドローンが飛行する為、ズームカメラや赤外線カメラを併用する事で、捜索救難等での利用が可能です。

その他の捜索パターン等も現在追加を予定しています。

 

※平行捜索: 捜索区域を狭い区域に絞れない場合に使用されるパターンの一つ

カメラスポッター機能

スポッター機能を使用して、カメラ(画面の中心)に映っている地点の位置情報、距離、標高等を取得することができます。取得した情報は画面左端に表示され、その情報を口頭で伝えたり、遠隔地にメールで送ることが出来ます。

 

 

画面録画機能

画面表示情報を、そのまま動画データとして保存する事が出来ます。 データは端末内部ストレージかSDカードに保存することができ、画面右下に残り保存可能容量が表示されます。 有事の際の操作確認や飛行中の状況保存としても利用可能です。

 

 

地形追従飛行

通常のドローンは、離陸した地点からの高さが高度設定の基準になります。そのため、高低差が大きい現場では、衝突のリスクや高度を上げすぎることによって撮影箇所から離れすぎてしまうことがあります。 

地形追従機能を利用することで、標高に沿った飛行が可能です。

DEM(標高)情報から算出した精密な飛行・測量用のルートの作成や、山岳地帯での捜索救難活動にも利用可能です。 対地高度の設定や、どこまで地形に沿って精密に飛行させるかは、操縦者が任意に設定出来ます。

 

地形追従させた場合の参考例です。

通過するポイントが増え、それぞれのポイントが地形追従に適した高度に自動調整されます。

 

 

飛行ログデータの記録/出力

CSV(Excel)データで飛行ログを出力する事ができます。これにより飛行後の経路確認や、飛行記録簿等の管理情報としても利用出来ます。 端末に出力するか、手軽にメールで添付するかが選択可能です。

飛行ログを活用することで、機体アプリ開発などの様々なデータ検証に使用することができます。

 

 

マップパターン

 

 

Google標準

 

 

Google衛星

 

Google複合

 

国土地理院火山

 

国土地理院火山(陰影)

 

国土地理院火山(写真)

 

国土地理院標準

 

国土地理院淡色

 

国土地理院色別標高図


GS-ACSのご利用に関するよくあるご質問はこちら

ソフトウェア/SDK開発