DJIドローンのリモートID機能対応機種発表 ※追記あり

トップ > ニュース > DJIドローンのリモートID機能対応機種発表 ※追記あり

DJI製ドローンのリモートID機能対応機種が発表されました ※追記あり

2022年06月01日

DJIより、無人航空機登録義務化に伴う内蔵リモートID機能への対応機種が発表されました。

下記の機種は今後のファームウェア更新で、内蔵リモートID機能への対応を予定しています。

一般向けドローン
DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3 シリーズ、DJI Air 2S、Mavic Air 2、DJI Mini 2、DJI FPV

業務用ドローン
Matrice 30 シリーズ、Matrice 300 RTK

農業用ドローン
AGRAS T30、AGRAS T10

対応時期は2022年6月20日以降、順次対応予定です。

詳細については、DJI公式プレスリリースをご覧ください。
無人航空機 登録義務化に伴うリモートID対応機種に関するお知らせ - DJI

 

2022/06/20追記

2022年6月20日付で、下記の機種に対してファームウェア更新による内蔵リモートID機能対応が開始されました。
最新ファームウェアに更新することで、内蔵リモートID機能が使用可能になります。

一般向けドローン
DJI Mini 3 Pro、DJI Mavic 3、DJI Mavic 3 Cine、DJI Mini 2、DJI Air 2S

業務用ドローン
Matrice 300 RTK、Matrice 30、Matrice 30T

農業用ドローン
AGRAS T30、AGRAS T10

 

DJI FPVとMavic Air 2については、順次対応予定となっております。

詳細はDJI公式プレスリリースをご覧ください。
無人航空機 登録義務化に伴うリモートID対応機種 対応スケジュールに関するお知らせ - DJI

ニュース